【最重要】トランスジェネレーショナル・トラウマの原因診断リスト

 

トランスジェネレーショナル・トラウマ
の最も顕著な性質は、

「先祖の経験したトラウマが、
子孫の運命に影響を与える

(子孫たちの幸福な生き方を
選択する能力を阻害する)」

というものです。

 

これは、

「あなたの運命(生き方)は、
あなたの先祖らが経験した
トラウマの影響から完全に自由に
なることはできない」

 

また、

「あなたが経験した(する)トラウマも、
あなたの子どもたちや孫たちの
幸せな生き方を選択する能力に
影響を与え得る」

ことを意味します。

 

では、

家族や先祖たちが、
具体的にどのようなトラウマ体験をすると、
それがトランスジェネレーショナル・トラウマ
となって、世代を超えて、
子孫たちの運命に影響を与えてしまうのか?

 

トランスジェネレーショナル・トラウマ

原因となりうる出来事のチェックリスト

をご紹介します。

 

【最重要】『トランスジェネレーショナル・トラウマの原因』

以下のようなトラウマ体験をした者が家族や先祖の中に存在する場合、残された家族のメンバーや子孫たちの運命は、トランスジェネレーショナル・トラウマの影響を受ける可能性があります。

 

・ 子どもの頃に経験した両親や祖父母の死

 

・ 両親との別離(特に、母親との不完全な愛着形成)

 

・ 不慮の事故や病気による悲劇的な死

 

・ 家族内の子どもの死(特に、兄弟姉妹の死)

 

・ 中絶、流産、死産

 

・ 自身または他の家族メンバーの養子縁組

 

・ 隠し子、水子

 

・ 家族内の厄介者、除け者、異端者の存在(犯罪者、障がい者、精神病、LGBTなど)

 

・ 家族内の殺人の加害者または被害者、または両方の存在

 

・ 離婚、再婚

 

・ 過去の恋愛・婚姻関係における未完了(未練、心残り、やり残した事柄等)

 

・ 親や先祖が他者を犠牲にして不当な利益を得た(奴隷制度、略奪、闇市など)

 

・ 親の苦労や不幸を見て育った(例えば、かわいそうな親、報われない親)

 

・ 夫婦仲の悪い両親を見て育った(例えば、憎い父親とかわいそうな母親)

 

・ 子どもの頃にずっと病気だった親

 

・ 在日問題(二世、三世、帰化など)

 

・ 戦争体験や亡命体験

 

チェックリストの中に該当するものは
発見できたでしょうか?

 

すでに説明したように、
先祖が経験したトランスジェネレー
ショナル・トラウマの悪い影響は、
世代を超えて、
子孫たちの運命にまで及びます。

 

しかし、
安心してください。
心配は不要です。

 

過去に先祖たちが経験した
トラウマ体験の悪い影響を
解消することは可能です。

 

あなたのトラウマ体験が
子どもや孫たちに及ぼす悪い影響も
未然に防ぐことができます。

 

トランスジェネレーショナル・トラウマ
の悪影響を解消する目的のセラピーを、
トランスジェネレーショナル・ヒーリング
と呼びます。

 

トランスジェネレーショナル・トラウマの悪影響が、
世代を超えて子孫にまで伝達するのと同様に、
トランスジェネレーショナル・ヒーリングの
癒しの効果も、時空を超えて、
家系(家族システム)全体に行き渡ります

 

つまり、
トラウマと同様、
ヒーリングの効果も
世代を超えて伝達する
のです。

 

心理セラピスト 棚田克彦

仕事 恋愛・結婚 人間関係 健康 冨 MBAホルダーの心理セラピスト 棚田克彦がおくる「結果重視」の理論的スピリチュアルメールマガジン運命を味方につける365日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加