【8月期の授業内容】『Spiritual University オンラインゼミナール』

こんにちは、

運命を味方につける
「結果重視」の心理セラピスト
棚田克彦です。

 

2017.07.24
【8月期の授業内容】『Spiritual University オンラインゼミナール』

 

Spiritual University オンラインゼミナール

 

『Spiritual University オンラインゼミナール』の7月期の授業は、以下の内容でお届けします。

 

【8月期の授業内容】『Spiritual University オンラインゼミナール』

(8-1)「罪悪感について」
 ・ 罪悪感が持つメッセージ
 ・ ホンモノの罪悪感とニセモノの罪悪感
 ・ ニセモノの罪悪感を持ち続ける真の目的とは?
 ・ ニセモノの罪悪感の原因
 ・ ニセモノの罪悪感の原因(その1)「パーソナルヒストリカルトラウマ」
 ・ ニセモノの罪悪感の原因(その2)「トランスジェネレーショナルトラウマ」
 
(8-2)「自己無価値感について(その1)」
 ・ 世の中には、2通りの人生の生き方をしている人たちがいる。
 ・ 「いつも足りない」「まだ足りない」と感じながら生きている人
 ・ 「もう足りている」と感じて生きている人
 ・ 「いつも足りない」「まだ足りない」と感じるのは、「●●でなければ、愛されない」と思っているから。
 ・ 自己無価値感が作り出す悩みの数々
 ・ 「いつも足りない」「まだ足りない」
 ・ いい人に見られたい
 ・ 傷つくのが怖い。傷つきやすい。特に、他者からの拒絶に弱い
 ・ 心配性で優柔不断(自分を信じられない)
 ・ いつかボロが出て「本当の自分」がバレるのを恐れている
 ・ 「~べき」「~ねばならない」に支配されている
 ・ 「自分の人生」を生きている気がしない
 
(8-3)「自己無価値感について(その2)」
 ・ 自己無価値感のチェックリスト
 ・ 荒々しい態度をとる。周囲の人を圧倒しようとして自分の自慢をする
 ・ 自分の弱さを隠すために、攻撃性を示して相手を恐れさせる
 ・ 自分のほうが優れていると思い込ませようとするために、他人をさげすんだり、他人を批判する
 ・ 物事を誇張して、現実よりも大きく、優れているように見せようとする
 ・ 間違いを認めることは自分の弱さをさらけ出すことだから、つねに正しいのは自分でなければならないと考える
 ・ 異常な負けず嫌いで、自分の負けを認められない
 ・ 周囲の人の注意を引きたがる。自分を人々の中心に置くべく必死になる
 ・ 自分を認めてもらいたいという欲求が強い
 ・ 周囲の評価で自分の価値を決めている
 ・ 誰かの役に立つことで初めて人から認められると考え、仕事などで異常なほどがんばる
 ・ 誰に対しても「いい人」でいなくてはと思っており、人からの頼みを断れない
 ・ 自分の責任でないことまで引き受けて、一生懸命やってしまう
 ・ 自分を犠牲にしてまで他人を喜ばせようとする
 ・ 間違いを犯すことや、周囲からの敬意を失うことを異常に恐れて神経質になり、決断ができない
 ・ 自分に賛成してもらいたい一心で他人に迎合する
 ・ ありのままの自分は、人から認めてもらえないと思っている
 ・ 自分のことがあまり好きではなく、自分に厳しい
 ・ 有名人の名前を自分の親友のようにふれ回る
 ・ 「生きづらさ」の正体
 ・ 多くの人が人からどう思われるかによって、自分の価値や自分がどういう人間なのかを決めている。
 ・ 無価値で不完全な自分を取り繕うために際限なく努力を続けても、心の空虚感を満たすことはできない。
 
(8-4)「自己無価値感について(その3)」
 ・ 自己無価値感の起源は、幼少期の家族、特に両親との関係性にある。
 ・ 自己無価値感「いつも足りない」「まだ足りない」の解決策
 ・ 他人から愛されようとしたり、自分に自信を持とうとして、アクセサリーや高級車、肩書き、資格等を手に入れても解決しない。
 ・ 自己無価値感から解放されるセルフワーク

 

『Spiritual University オンラインゼミナール』の詳細とお申込みは、以下のリンク先をご覧下さい:

 

■運命を科学する理論的スピリチュアル
■Spiritual University オンラインゼミナール
http://spiritual-university.com/online-seminar/

 

 

心理セラピスト 棚田克彦
http://spiritual-university.com/

 

 

 

 

仕事 恋愛・結婚 人間関係 健康 冨 MBAホルダーの心理セラピスト 棚田克彦がおくる「結果重視」の理論的スピリチュアルメールマガジン運命を味方につける365日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事