【新シリーズ】『自分と家族の幸せのために学ぶトランスジェネレーショナルヒーリング』

こんにちは、心理セラピストの棚田克彦です。

 

先月(4月)からスタートした【Spiritual University オンラインゼミナール】『自分と家族の幸せのために学ぶトランスジェネレーショナルヒーリング』ですが、今月(5月)からは次第に本格的な内容に入っていきます。

 

まずは、「ライフフォース(生命力)」のお話からスタートします。

 

(中略)

 

あなたの生命は、あなたの両親から受け取ったものですが、その起源は、あなたの両親ではありません。

 

元はと言えば、あなたの両親の命も、あなたの両親の両親、つまり、あなたのおじいちゃんとおばあちゃんからやって来たものです。

 

そして、あなたのおじいちゃんとおばあちゃんの命は、さらに・・・・・と、最も有力な説によると、私たち人間の生命の起源は、600~700万年前もの昔にまで遡ることが可能です。

 

しかも、この「生命の流れ」は、その起源から現在に至るまで、一度たりとも途切れることなく続いており(でないと、あなたは今、ここにいない!)、あなたの存在もこの「生命の流れ」の中に位置付けられています。

 

そうした流れを持つ「生命エネルギー」のことを、「ライフフォース(生命力)」と呼びます。

 

両親を通して先祖からの「ライフフォース(生命力)」を受け取ったあなたは、その力を使って自分の人生を生きていくことになります。

 

そのためには、両親としっかりとつながっている必要があります。

 

もし、あなたと両親との間のつながりが絶たれている場合や、あなたが両親を拒絶している場合には、あなたの中で「ライフフォース」が不足し、その結果、人生で様々な困難を経験します。

 

例えば、約35年間にわたって米ハーバード大学で行われた研究(追跡調査)によると、自分と両親との関係性の良し悪しは、その後の一生涯に亘る健康状態にも影響を与えることが明らかになっています。

 

実際、現象学的な理解にとどまるもので因果関係はよくわからないのですが、セラピーを受けに来られる女性の中で、子宮筋腫や子宮がん、乳がんの経験者の多くが、親をひどく拒絶していたり、幼少期に親との別離トラウマを経験しているのは、単なる偶然ではないような気がしています。

 

一方、男性の方を見てみると、自分に自信のない男性、未婚の男性、性的不能で悩んでいる男性の多くが、父親のことが嫌いで拒絶していたり、子どもの頃に両親が離婚して父親と離れて育っていたりと、父親との確執を抱えたままになっているケースが多いように感じます。

 

(後略)


【Spiritual University オンラインゼミナール】『自分と家族の幸せのために学ぶトランスジェネレーショナルヒーリング』では、対象とするテーマを「自分自身と家族の幸せ」の周辺に集中し、扱うセラピー技法も「代理人を使わずに自分一人や個人セッションで実行可能なもの」に厳選してお伝えします。

 

【講座対象者】『自分と家族の幸せのために学ぶトランスジェネレーショナルヒーリング』

・ 自分自身と家族の幸せを大切にして人生を生きて行きたい人

・ 先祖から受け継いだ不幸なパターンを特定する方法、そうした不幸なパターンを終わりにする方法について学びたい人

・ 自分自身の悩みや家族の問題を解決することが主目的の人(それで十分の人)

・ ワークショップ等に参加することなく、自分一人でトラジェネのワークを実行して悩みを解決したい人

・ トラジェネのワークを個人セッションに取り入れたい心理セラピスト

・・・・・等々。

 

『自分と家族の幸せのために学ぶトランスジェネレーショナルヒーリング』は、「トランスジェネレーショナルヒーリング(10日間)」<http://spiritual-university.com/transgenerationalhealing/>を受講する前の基礎固め、あるいは、受講後の復習にも丁度良いと思います。

 

詳しくは、以下をご覧ください。

 

Spiritual University オンラインゼミナール 

 

※Spiritual University オンラインゼミナールは最初の一ヶ月は無料で視聴できます (^_^)


【5月期の授業内容】『Spiritual University オンラインゼミナール』

(5-1)「自分と家族の幸せのために学ぶトランスジェネレーショナルヒーリング(その5):トラウマと記憶」

・ 過去に受けたトラウマは、私たちの中に「(強く)感情に紐付いた言葉やイメージ」という形で、その痕跡を私たちの中に残す。

・ そして、そうした言葉やイメージは、私たちを未解決のトラウマ体験の場面へと引き戻す働きをする(フラッシュバック)。それは、身体感覚や行動、感情、衝動、病気の症状などをともなう。

・ 長期記憶は、2つのカテゴリーに分類される(意識的に「思い出せる記憶」と「思い出せない記憶」)。

・ トラウマ体験は、しばしば、「思い出せない記憶」として蓄えられる。

・ 出来事に圧倒されると私たちは言葉を失い、その結果、その出来事の内容を言語を用いて説明することが可能な形で正確に記憶したり、表現することができなくなる。すると、その出来事の記憶の全てにアクセスすることができなくなる。その結果、そのトラウマ体験の記憶は、正確に思い出すことも、語ることもできなくなって、無意識の心の領域へと追いやられる。

・ 思い出すときは、本人の意志に反して行われ(フラッシュバック)、そのとき脳は、過去の出来事を、あたかも現在の出来事のように処理するため、激しい感情が起きる。

・ 私たちの無意識の心は、自分が受けたトラウマ体験の記憶を蓄えているだけでなく、私たちの先祖たちの未解決のトラウマ体験の記憶をも蓄えている。私たちは先祖たちの未解決のトラウマの断片を共有、再体験し、しかし、それらを間違って自分のものであると認識する。

・ 「思い出せない記憶」は2つの状況で作られる。

・ 1つ目は、2、3歳になる前、脳の言語を司る部分がまだ十分に発達していないときの記憶。

・ 2つめは、トラウマ体験によって圧倒され、記憶を司る機能が抑制され、脳が正しく情報を処理できなくなるときの記憶。

・ トラウマ体験によって圧倒されたとき、その体験を説明する言葉を失い、ちゃんと思い出せなくなるが、記憶そのものが無くなってしまった訳ではない。

 

(5-2)「自分と家族の幸せのために学ぶトランスジェネレーショナルヒーリング(その6):「優しさの愛」と「強さの愛」 ~本当の原因は目に見えない~」

・ 本当の原因は目に見えない

・ 人生があなたの思い通りに行かないとき、一体、何が起きているのか?

・ しばしば、私たちの思いと行動は一致しない。すなわち、「自分の思い通りの人生を生きられる」という思い込みは、どうやら間違いである。

・ 自分の思い通りの人生を生きる上での困難は、私たちの成功や幸福、健康を邪魔しているものが、私たちからは見えないことである。私たちの成功や幸せ、健康を邪魔するる本当の原因は、無意識の心の中に存在している。

・ しかし、問題の本当の原因を発見して解決するまでは、問題が勝手に消えて無くなることはない。もし、自分の代で解決しない場合は、そのトラウマを子孫の誰かが引き継ぐ(トラウマの世代間連鎖)。

・ 2つのエネルギー:「やさしさの愛」と「強さの愛」

・ 母親からは、「やさしさの愛」のエネルギーを獲得する。

・ 父親からは、「強さの愛」のエネルギーを獲得する。

・ これらのエネルギーを両親から獲得し損ねると、人生を生きる上で様々な問題を抱えることになる。私たちが成人してから経験する人生の困難や行き詰まりの多くは、子どもの頃に両親から「やさしさの愛」と「強さの愛」のエネルギーのどちらか、または両方を獲得し損ねたことに主な原因がある。

・ 母親の「やさしさの愛」のエネルギーを獲得し損ねた者は、自分や他者、特に弱者の気持ちに寄り添い優しくすることができない、自己中心的で自分勝手、損得勘定のみで生きている、自己犠牲に過剰に敏感になる等の問題を抱えやすい傾向がある。

・ 一方、父親と切り離されたり、父親を拒絶することで「強さの愛」のエネルギーを獲得し損ねた者は、自信や自己効力感(「ある状況において必要とされる行動を遂行する能力を自分は持っている」と信じる感覚)の欠如、低い問題解決能力(問題から逃げる)、葛藤やストレスに対する低い耐性(我慢できない)、過食、アルコールや薬物等への依存、社会不適合、反社会的行動(ルールを守れない)、他者との無境界、性的不能(男性の場合)等の問題を抱えやすくなる。

・ 【事例】「無職、ひきこもり(40歳男性)」

 

(5-3)「自分と家族の幸せのために学ぶトランスジェネレーショナルヒーリング(その7):ライフフォース(生命力)」

・ ライフフォース(生命力)とは?

・ あなたの命は、あなたの両親からやって来たものであるが、あなたの命の起源は、あなたの両親ではない。

・ 生命は、過去から未来へ向かって順々に受け継がれ、先祖から子孫へと一度も途切れることなく流れ続けるエネルギーである。

・ ライフフォース(生命力) = 生命エネルギー + 愛着エネルギー

・ 両親を通して先祖からの「ライフフォース(生命力)」を受け取ったあなたは、その力を使って自分の人生を生きていく。

・ あなたが自分の両親としっかりとつながれている場合には、両親を通して先祖からあなたへと受け継がれたライフフォースは、あなたの中にしっかりと存在する。このとき、幸福も、成功も、愛も、富も、健康も、望むものを楽に手に入れやすい状態にある。

・ 一方、あなたと両親とのつながりが絶たれている場合や、あなた自身が両親からの生命の受け取りを拒否している場合には、あなたの中で「ライフフォース」が不足している。「ライフフォース」が不足すると、生きる気力が湧いてこなかったり、死にたくなったり、ウツになったりと、自分の人生を自分の力で生きていくために必要なエネルギーが絶対的に不足する。トラブルと疲労感で一杯の人生になる。

・ 【エキササイズ】「ライフフォース(生命力)を診断する」

 

(5-4)「自分と家族の幸せのために学ぶトランスジェネレーショナルヒーリング(その8):ライフフォースの授受を妨げるもの」

・ 本当の原因は目には見えない

・ ライフフォースを妨げるもの(4つの無意識レベルの要因)

・ 「1.親を拒絶している」

・ 悩み・問題の解決であれ、目標達成や願望実現であれ、私たちがまず一番最初にしなければならないのは、両親との壊れた関係を修復することである。

・ 両親との壊れた関係を修復するプロセスをスキップして前に進むことはできないし、やっても意味がない。

・ 両親との親密なつながりを持つ(感じられる)ことは、人生を生きる上で安心感や支えられている感覚をもたらしてくれるだけでなく、心身の健康にも影響を与える。

・ 35年間にわたってハーバード大学で行われた研究(追跡調査)によると、自分の両親との関係性の質は、その後の一生涯に亘る健康状態に影響がある。

・ 【エキササイズ】「母親のヒストリーを知る」

 

 

『Spiritual University オンラインゼミナール』の詳細とお申込みは、以下のリンク先をご覧下さい:

 

■運命を科学する理論的スピリチュアル

■Spiritual University オンラインゼミナール

http://spiritual-university.com/online-seminar/

※最初の一ヶ月は無料です。

 

心理セラピスト 棚田克彦

 

仕事 恋愛・結婚 人間関係 健康 冨 MBAホルダーの心理セラピスト 棚田克彦がおくる「結果重視」の理論的スピリチュアルメールマガジン運命を味方につける365日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事